子どもの英語が心配!

 

小学校3年生から始まる英語、5年生では教科化され、これからは小学生だって英語を話せて書けなければならない時代に。語学は聞くことから。そこで、奈良ゼミでは新プログラムを導入し、英語をたくさん聞いてたくさん話す時間を設け、小学生から無学年生で英語のシャワーを浴びましょう!

 本格的に学校で英語を学び始める中学1年生から大学4年生までの10年間で、使える英語を身につけている人はどれほどいるでしょう。中学生や高校生が学校で学ぶ英語は、文法中心に単語や熟語を覚えることが必要ないわば暗記科目です。しかし私は英語は語学ですから、暗記教科でこなすのは限界があると思います。

 私が留学して一番衝撃を受けたのは、中学、高校とあれだけ学校で勉強してきた英語がほとんど通じなかったという現実を目の当たりにしたことです。中高と英語は得意科目だったので立ち直れないくらいショックでした。流暢な英語を正確に聞くことができるまで実に3ヶ月を要しました。それから耳で聞いた音を真似ることで少しずつ現地の人たちとコミュニケーションが取れるようになっていきました。英語の音を聞いてその音を真似て声に出す、これが『語学』だったのです。公教育でも小学3年生から英語が始まります。大学入試の変化にも対応できるように、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの4技能を無理なく習得していきます。まずは英語を山ほど聞くことからです。

英語を基礎学習に加えよう!

小学生 月・木 午後5時~6時 

 国語・算数に英語が加わった基礎学力を鍛えるクラスです。  



10月のおしらせ

 

  2学期の中間テストが近づいてきています!

 

いよいよ10月です。運動会や体育大会、秋祭りや芸術祭、文化祭などイベントが盛りだくさんですね。練習や準備で忙しい一方で今月中学生は中間テストが予定されています。テスト範囲は夏休みに入る前に習ったところから出題されるので期末テストに比べ、出題範囲が広く点数がなかなか取れないテストです。しかし短い時間でも復習を毎日の学習に取り入れていくことでテスト直前になって慌てることはないでしょう。提出物に追われるテスト直前、深夜遅くまでのテスト直前、このようなテスト勉強は間違っています。規則正しい生活の中で効率的に学習することがテストでいい点数を取る一番の方法です。何もやらない日がないよう具体的に何をどこまでやるかなど実際に髪などに書いて勉強机の前などに貼ることをお勧めします。奈良ゼミでは10月5日(木)から毎日テスト対策をしておりますのでぜひお問い合わせください。

 

 

 

お問い合わせ電話番号は 0742-49-0556です!

 

 

 新しいスタイルの英語学習がスタートしました!

 

奈良ゼミでは7月からリスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの4分野を細かく分け、実際に聞いたり読んだり声に出したり書いたりして英語を学習していく指導が始まりました。2020年度から始まる小学3年生からの英語、大学入試の英語の外部入試などを意識して取り組んでいます。小学生は17:15から楽しく元気よくジェスチャーなども交えながら進め、中学生は19:15からナチュラルスピードで様々なフレーズの入った英文を聞いて、流れる英文を何も見ないですべて書き取ることを最終目標として進めています。テレビのCMを何回もきいて覚えてしまうような、そんな感覚で本当に使える英語を身につけて行きましょう!

 

初めは恥ずかしそうに始まった子どもたちも時間が経つにつれて声も大きくなり、「あっ、俺英語しゃべってる!」、「ナチュラルスピードの英語が普通に聞くことができる!」など子どもたちは本当の英語力を自分自身でしっかりと実感できるようになってきました。英語が得意な生徒、英語を苦手としている生徒全ての生徒に効果的です。小学生も歌詞カードを見なくても歌を歌えるようになったり、本を音読できるようになったりしています。私たちが日本語をしゃべれるようになったように、英語が自由に使えるようになるためには正しい音をしっかりと聞いてそれを真似して声に出すことではないでしょうか。この実践を奈良ゼミナールで行っています。


 

駅前なのに 静かな空間

自然大好きな塾長がこだわった吉野杉香る床板の教室に来ませんか?

 

小河式 『未来を切り開く学力シリーズ』の著者 小河勝 が塾長をつとめる

学習塾が君を応援します! 

小河勝塾長 著書ご紹介(文藝春秋社出版)